Message

元々はラジオレポが中心でしたが、ましゃ語録、 ましゃからの伝言・Messageを書き綴っていきます♪

◆ プロフィール

春花

Author:春花
ましゃ(福山雅治)大好き
ラジオも毎週聴いています♪

◆ 訪問どうも♪

◆ Dear・・・

春花へのMessage、何かありましたらコチラからお願いします!

名前:
メール:
件名:
本文:

◆ 最近の記事+コメント

◆ 最近のトラックバック

◆ 月別アーカイブ

◆ カテゴリー

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
4/12 魂ラジ
◎オンエア曲
蜜柑色の夏休み/福山雅治
Fellow/福山雅治(魂リク)



東京に帰って来ましたよ、お前ら!!
ふるさと大使です!

大使が東京に戻ってきて感じたことというのは…
東京にはたんぱく質中心の食事が用意してある。

「PHOTO STAGE III~残響~」には1週間で8814人の方が訪れたそうです


★大使が海外にも通用する長崎のマスコットキャラクターを作成
名前は「カステラちゃん」。魂ラジblogにupされています。
イメージは機関車トーマスなのだそうです。
しかし「カステラちゃん」というキャラは既にあるそうで、名前を変えることに。
「カステラ一番」、「俺カステ~ラ」などの候補があがり、「カステラ一番」に改名。そしてまた「カステラ一番」改め、「カステラマン」に。
カステラの父がいる
カステラの母がいる
そしてカステラマンがここにいる
と歌っていました。
「カステラマン」も魂ラジblogにupされています。


長崎の売り文句を一言で表すとしたら何と表しますか?
というメールを受け、長崎のキャッチフレーズを考えていました。

こんななぞなぞがあるよ、となぞなぞを荘ちゃんに出していたましゃ。
その県の人が東京に行って帰って来たら名前が雅治福山になっていました。そこはどこの県の人でしょう?
正解は、長崎県(名が先という意味です)。

長崎の県民性は?と質問する荘ちゃんに対し、
大使は、長崎の人はよく喋るけれど、地元の人同士だとシャイなところがある、と答えていました。

ましゃが「よかけん長崎」はどぎゃんねん?と提案していました。
「よかけん」は「良い県」と「良いじゃん」のダブルミーニング!
「よかけん長崎」という短い言葉の中に色んな意味が入っているので、
「来てみてよかけん長崎」、「さるいてよかけん長崎」、「いつでんよかけん長崎」とか考えたんだけど、「よかけん長崎」の前にワードを足すと薄まる感じがするとのこと。

今ホームページで日本全国47都道府県キャッチフレーズというのがあり、このホームページを読んでいました。
いいなぁ~と思ったのは、
北海道「試される大地」
岩手県「銀河系いわて」
福島県「うつくしま、ふくしま」
千葉県「おもしろ半島千葉」
島根県「シマネスク島根」
愛知県「逢い、知る、愛知」
沖縄県「行こうよ!おいでよ!沖縄」
香川県「パスタはイタリア、ウドンはカガワ」
滋賀県の昔のキャッチフレーズ「いち、にの、さん、滋賀」
三重県の昔のキャッチフレーズ「おもてなし王国、三重県」
などだそうで、
そう考えると「よかけん長崎」も悪くないよね、と言っていました。


★長崎の街は山が近くにあって割と大きな渓谷みたいな感じで、浦上川が流れていて海に繋がっているって感じなんだけど、車が通る道路もあるんだけど、縦にずーっと走っている道路は人が歩けるだけの道路で階段を昇るんですよ。で、民家があったりとか、墓地があったりとか。
階段で昇り降りしなければいけない道路が昔は生活道路だったんですけど、今は平地というかグランドレベルのところにマンションが建って、そうすると階段を昇り降りするのが大変だから、自分が昔住んでいたところはある人は安く売って、ある人は安く買って、ある人は置き去りにして、グランドレベルのところにあるマンションに移り住んでいるわけですよ。それだから墓地があって無人の民家があって街頭も暗くなってきちゃって、怖いんですよ。
複雑な地形や大変な生活道路が助け合いの心を生んだりしたのも事実なんだわ。
俺は正月に餅運びというバイトをしていた。要するにお餅を運ぶバイトをしていた。
階段を昇っていって、上の方に住んでいるおじい様・おばあ様が鏡餅を買いに来るんだけど、重いから持って上がれないわけですよ。で、それを俺が持って世間話をしながら一緒に階段を昇っていくんですよ。
もちろんバイトだからお金をもらっているんだけど、どこかでお年寄りに対して優しくあろうというかね、気持ちが良いんですよ。いいこともしちゃったしお駄賃ももらえちゃってラッキーみたいな。感謝もされた、だけど自分でも人様のお役に立てた気になるみたいな。そういったのがあの複雑な地形や階段から長崎の街に育まれた気持ちなのかなと思ったりするそうです。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ RSSフィード

◆ リンク

このブログをリンクに追加する
マクロミルへ登録


copyright 2006-2007 Message all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。