Message

元々はラジオレポが中心でしたが、ましゃ語録、 ましゃからの伝言・Messageを書き綴っていきます♪

◆ プロフィール

春花

Author:春花
ましゃ(福山雅治)大好き
ラジオも毎週聴いています♪

◆ 訪問どうも♪

◆ Dear・・・

春花へのMessage、何かありましたらコチラからお願いします!

名前:
メール:
件名:
本文:

◆ 最近の記事+コメント

◆ 最近のトラックバック

◆ 月別アーカイブ

◆ カテゴリー

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
6/2 魂ラジ 実は3週間ほど日本を離れていました!
◎オンエア曲
BEAUTIFUL DAY/福山雅治
東京/福山雅治
Boom Boom Boom~灼熱の太陽/David Bisbal
HEY!/福山雅治(魂リク)




◎内容

ハニカミ王子ってのは誤植ですか?
ハンカチ王子じゃないんですか?

いまどき、日本でそれ知らない人いないですよと荘ちゃん。

僕、ちょっとハニカミ王子って言うのは分かってないんです

ハニカミ王子って言うのは、
かつてハニカミのテーマソング・milk teaを歌った僕のことですか?(笑)

実は、3週間ほど日本を離れていまして。

とましゃ。

いたじゃん!日本に!と荘ちゃん。

いたけどいなかったの。

あれ?おかしいな。誕生日祝ってくれたじゃん!

祝ったけど祝ってないの。


毎年恒例のツーリングに出かけてたんですよ、海外に。

で、ツーリングに行く前にましゃは赤西君に触発されて
イギリスの方に語学留学に行ってたの。
しかも1週間だけ
すごく小さい触発(笑)

たった一人で語学学校に通ったというましゃ。

寂しかったでしょ?と荘ちゃん。

いや、寂しくはないの、意外と。と答えたマシャは、
一人きりの旅行は10年ぶりくらいだそうで。

飯食うとか泊まるとか買い物するとかは。それぐらいはさぁ。

え、だって。郵便局はどこですか?とかは言えないでしょ?

I'm looking for post office.
言えるよ!

たっぷりと1日6時間、英会話レッスンを受けて
英語脳になって

飛んだ国は、スペイン

イギリスで勉強とレッスンと宿題だけやったの。
残り18時間は?
宿題と散歩!

宿題って初めてやったの、生まれて初めて。

ノートっていうのも取ったことないから今回初めて取ったの。

先生が書いたのを書き写す。あと自分が質問したのを書き写す。英語で!

先生にも受付にも日本人の方はいないようで。
でも「福山雅治という日本のビッグスターが来る」ということでVIP待遇でしょ?

全然!東洋人が来た!みたいな感じだったそうです(笑)

英会話レッスンのすぐそばのスーパーでぞんざいな扱いを受けたというましゃ。
水を買ってもらったお金が…
5ポンドのお札が半分に破れたのをセロテープで貼ったやつを俺に出しやがったの!
そういう小さな嫌がらせを受けてしまったそうです。

イギリスからフランスに飛び、半分はクレイジーホースの旅だそうで!

色んな話をしてくれるとのこと


I'm sorry for all the confusion.
と言い出すましゃ。

Thank you,Masha.

In fact, this radio program was recorded progam for three weeks,
but it's live broadcasting program again from today.

Come on!Enjoy it!



★結局、一足も二足も早い夏休みを取ってきちゃったというましゃ。
クレイジーホース5周年ということで、今回はヨーロッパに上陸!

クレイジーホースとは、ましゃに続いてバイクの大型免許を取得した、仕事仲間達が結成した、旅好き・バイク好きのクラブ。
主要メンバーは、カメラマンの瀬尾さん・放送作家の小原さん・今浪さん。

今回は、旅のプランニングを小原さんに任せたそうです。

机上でプランニングしてたんだけど、旅に行ったら机上のプランニングが全部吹っ飛ぶようなことが沢山起こるわけですよ。

まずは、俺がイギリスに留学していたから
最初に俺達が会うのは、俺が日本を出て約10日後ぐらい、
ヒースロー空港のトランジットのフライトコレクションっていう場所があるんだけど
「そこで会おうぜ!アディオス!アミーゴ!」みたいな感じで
俺は旅立ったわけ。

俺はロンドンのヒースローから直接マドリッドの空港でダイレクト。
で、他のメンバーは日本からヒースロー、ヒースローからマドリッドっていうトランジッドだったわけ。
で、そこで落ち合う予定で
俺はそのまま飛行機に乗ったんだけど待っていても来ないわけ。
で、電話したら「今持ち物検査の所に並んでいます」って。
ヒースロー空港は今一番持ち物検査が厳しく、トランジットにもかかわらず2回持ち物検査をされたの。
手荷物も1つしかダメで。

で、飛行機に来ないから「友達がまだ来ていないんだけど待っててください」って話しをして、30分くらいは待ってくれたのよ。
それでも間に合わなくて俺は一人でマドリッドに行っちゃったの。
3人は乗り遅れたの。
彼らは焦っているけど、逆に言えば、航空会社側と空港側はそれが日常茶飯事だから対応に慣れていて。
で、2時間後の便に乗って彼らはマドリッドに着きました。
でもなかなか来ない!
電話で連絡を取ったら、「荷物が来てないんです!」と。
荷物も前の便に間に合っていなくて更に次の便にも間に合ってないの。
荷物は2日後の朝来て、受け取れたのが2日後の夜。

2時間後の飛行機に乗って着いたのは夜の10時くらい。
俺は、スペインの風に吹かれながら、宿泊先のカフェでビールを飲んでいて。
そこに3人が疲れ果ててすっごい身軽な状態でやって来た。
全員の顔が土気色してた。

マドリッド自体は観光する予定で。
マドリッドに2日くらいいて。
だから荷物が来ないことは別にいいんだけど、問題は荷物がどこにあるか分からない!
荷物が来てないっていうことは分かるんだけど荷物がどこにあるのかは分からない!

3人は空港で荷物がなくなって行方不明ということは経験がないからものすごい苛立ってるわけ。
大変申し訳ないけど。。
俺は荷物が来ないこともあったし
かつてマネージャーはロスに行ったにもかかわらず荷物はインドに行っていたということもあって。
「荷物はどっかにあるから大丈夫だよ」と言っても心配なわけ。

最初はみんな暗かった。

スペインって日曜はお店が休みなわけ。
唯一開いていたのがサッカーのオフィシャルグッズ売ってるようなお店があって。
で、そこには多分靴下とパンツは売ってある!という話になって買いに行ったら
靴下はスポーツソックスみたいなのがあったんだけど、パンツは白のTバッグなんだよね。
だから俺以外の、瀬尾、小原、今浪はTバッグなの(笑)

やっと3日目で荷物が届いて…。
それからバイクをレンタルし乗って。
今回はバイクと車。バイクは、1台しか乗らなかったの。
幸先も悪いからトラブルを避けようと。
本当は2台用意していたんだけどもう1台にしようということで。
後は耐久レース的に途中でどんどん交替していくっていう。

まずは、マドリッドからアルマドロという小さな町に行って。
ヨーロッパって田舎がいいのよ。
基本的にヨーロッパの場合は高速ってすごい綺麗なの。
整備されていて。
今回スペインはほぼフリーウェイでね!
道もすごいよくて。いい景色だったよね。
オリーブ畑やブドウ畑が左右に広がっていて、抜けもすごいよくて。
「愛をくださ~い~」って叫んでいたよ(笑)
やっとみんなの顔が土気色から人間らしい顔に戻った。

その後はアグマドロからグラナダまで走ったんだけど。

アグマドロでパブロっていう居酒屋に行って。
日本の携帯電話って実はすごいんですよ。
ああいうコンピューターが搭載されているような携帯電話ってあんまりなくて。
写真や動画が撮れる海外の携帯電話ではほぼないに等しい。
で、携帯電話でぱしゃぱしゃ写真撮って、現地の人に見せていたら盛り上がって。
で、写真撮るのに格好つけるのも変じゃん。
で、ひょうきんな表情で写真撮っていたら、
現地の人に「カチョンド」って呼ばれて。
「カチョンド」っていうのは「面白い奴」ってことなんだけど。
だから、これから俺は、“カチョンド福山”“カチョ兄”(笑)

グラナダの先のマラガに向かう途中にシエラネバダ山脈っていうのがあって。
そこで万年雪を見てやっと小原さんも今まで抱えていたことを全部捨てて嫌なことを忘れていって。
で、みんなだんだん一つ一つ嫌なことを忘れていって。
バイクに乗ることによって、風を受けることによって、
自分の心に降り積もった埃がどんどんどんどんスペインの風で払い落とされていくわけですよ。

で、マラガっていう町に着いて
バーでまた今浪さんが「東京」を歌いだす。
今度は0m地帯で・・(笑)
で、バーでじゃんけんで負けた者が払うって言う話になって。
お会計の時、「ラクエンタ、ポルファボール」
スペイン語は日本語の発音に近いみたいで、ほぼカタカナで通じるんだそうです。
ましゃは炭酸水が好きだそうで、「ペルドン、ドス・アグア・コン・ガス、ポルファボール」と頼んだところ通じたそうです。

バルセロナは都会だったそうです。
洗練された都市の一つ。
バルセロナでシッチェスっていうビーチがあって。
シッチェスのほうに行きたくて行ったの。
そうしたら、すごいヌーディスト・ビーチで…。
もともとはゲイの町なの。
シッチェスは、ゲイカップルはいるわ、普通のカップルはいるわ、ファミリーはいるわで。
ヌーディストと着てる人が混在してるの。
カチョ兄はビーチを上の方からから見ていて脱ぎたい衝動には駆られるけどただ俺も慣れてないから…。
普通に慣れている人は全裸で波打ち際を何往復もふらふらふらふら歩いているわけよ。
全裸の家族連れもいるの。
10歳ぐらいの女の子も全裸で遊んでいるわけ。
だから、風呂なんだよね!
俺達には風呂には見えないけど、風呂的感覚に見えるのね。
で、だんだん着ている俺達がおかしいんじゃないの!?って思うわけよ。
だって、俺が日本のビーチで全裸で歩いていたら捕まるでしょ。
福山雅治が湘南のビーチで全裸でふらふら歩いていたら…病気だよね(笑)いきなりYahoo!トップニュースだね(笑)
でもシッチェスは全裸で歩いているの!
決していい体型ではないんだよ。
まぁ何を持って“自然”かということは断言しにくいけど、
あれはあれでスペインが培ってきた文化なんだとは思いますね。


★リスナーから今日の旅行話についての感想が届いていました。

旅行についてこんなに面白可笑しく話せるなんて最高です!

いや・・面白可笑しく話しているんじゃなくて
実際に面白いことがあったんですよ。

旅行に行ったあとも楽しませてくれるなんて
さすが「一緒に旅行に行きたい人」ランキング1位!!

というメールに対しては、「旅行代理店やろっか?」
って、ましゃ(笑)

事業拡大っていうか。
コレ言っちゃったら真似されちゃうっていうか。
オレ、これは絶対に当たる!っていう企画がある!
ビジネス!ビジネス!っていうけど
最終的には、そのことが好きじゃなくちゃ続けられない。
そこに愛はあるのかい?

って話していました
スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
サイズ:27~29素 材:綿・アクリル・ポリエステル・ポリウレタン生地厚:普通【薄い・普通・厚い・極厚】27cm 28cm 29cm【大きいサイズ・メンズ】 新着日本製 ショートソックス スポーツソックス・お出かけじいや・ 「返して!スポーツソックス!」・ 靴下・ バイクの靴下
2007/08/12(日) 04:24:19 | 靴下を極める

◆ ブログ内検索

◆ RSSフィード

◆ リンク

このブログをリンクに追加する
マクロミルへ登録


copyright 2006-2007 Message all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。